口臭の悩みを解決する会

口臭原因は百人百様です。口臭を克服した体験談や誰も知らない口臭を治す方法が満載。あなたの口臭を治すヒントになれば。

2017/09    08« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »10
某歯ブラシメーカーのCMを見たことがありますか?

超極細毛歯ブラシが、歯周ポケットの中のプラークを
歯ブラシを一掻きするだけでかき出すあのCMです。


イメージCMですが、少し大げさなCMです。

コマーシャルを見たあとに、ネットで歯医者さんが超極細毛歯ブラシについて
意見を述べ合っているサイトを発見しましたのでご紹介します。

「最近、多くのメーカーから超極細毛歯ブラシが売られているが、
メーカーの販売戦略であって、実際は、
あのような毛先が細い歯ブラシでは磨けない。」


とのご意見です。


あなたは、どう思いますか?





確かに、毛先が固めの歯ブラシの方が、汚れを落としやすいものです。
でも、歯周ポケット内には、普通の毛先の歯ブラシでは、入ることも
容易ではありません。



歯磨きで大事なことは、
磨きにくい歯周ポケット内のプラークを落とすことです。



歯周ポケット内のプラークを除去できないと、残ったプラークが歯石になり、
今まで以上にプラークが付きやすくなります。

プラークは、細菌のかたまりなので、悪臭ガスを発生します。
それが、口臭になるのですね。

プラークがたまると、口臭だけで終わらず、
歯肉炎を引き起こします。

歯肉炎が悪化すると、歯周炎になります。
そして、歯がぐらぐらと。最後は歯が抜け落ちます。


だから、歯周ポケット内の歯磨きが大事なのですね。
歯周ポケット内を歯磨きするには、毛先が太いものよりも
極細の毛先の方が有効なのは明らかです。

ところが、
超極細毛歯ブラシには、弱点があります。

それは、歯の表面を磨くには、頼りないのですね。

当然ですが、歯の表面を磨くには、毛先が太く固い歯ブラシの方が
良いに決まっています。


ですから、私が以前からおススメしている歯磨きの方法というのは、
超極細毛歯ブラシと毛先が固い歯ブラシの2本の歯ブラシを
使い分けることです。

これが、二刀流ブラッシングというものです。
 
 
また、口臭予防歯磨き粉「美息美人」を使用して二刀流ブラッシングを
すると、口臭予防には最強になります。

是非、お試しください。

後鼻漏が原因の口臭はこちら
 
 
ブログランキングに参加しています。
クリックの応援をお願いします。
   ↓  ↓

拍手[3回]

口臭予防歯磨き粉「美息美人」

美息美人の詳細ページ

プロフィール

HN:
上林登
年齢:
59
性別:
男性
誕生日:
1958/01/01
職業:
口臭予防歯磨き粉「美息美人」の開発と販売
趣味:
ブログを書くこと
自己紹介:


一言で申し上げると、「口臭患者のプロフェッショナル」です。

歯科医ではなく、口臭患者としてのプロです。その意味は…

続きはこちら


最新TB

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

最新コメント

[06/01 田村沙絵]

ボタン

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 口臭の悩みを解決する会 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /