口臭の悩みを解決する会

口臭原因は百人百様です。口臭を克服した体験談や誰も知らない口臭を治す方法が満載。あなたの口臭を治すヒントになれば。

2017/06    05« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »07

もし、あなたが、口臭だけではなく、
歯を強くすることにも大きな興味があるのなら、
今日のブログはきっとあなたのお役に立てるはずです。




歯を強くする方法?

大概の人たちは、歯を強くするにはカルシウムを食べれば良いと思っています。

本当にカルシウムを食べれば歯は強くなるでしょうか?
答えは、NO! です。

いったんできあがってしまった歯は、カルシウムの移動がほとんどありませんので、
大人になって歯を強くしようとしてカルシウムを摂っても効果はありません。



歯がもろくなる理由は?

それは、脱灰です。

歯冠表面を覆うエナメル質は、リン酸カルシウムの一種である
ハイドロキシアパタイトで出来ていますが、これは酸に良く溶ける
性質があります。

ですから、虫歯菌が出す酸によって歯のリンやカルシウムが溶けだします。
このように歯がもろくなった状態を脱灰と呼びます。

しかし、いきなり歯が溶けてしまうわけではなく、唾液に含まれる
リンやカルシウムによって歯が修復されます。

これを再石灰化といいます。




食事の度にこの脱灰と再石灰化が繰り返されているのですが、
脱灰のスピードに再石灰化がついていけなくなると、
初期虫歯になります。

 
歯に穴が空かなくても、
脱灰が進むとエナメル質が白く濁ってしまいます。




この状態になると、
目には見えていないミクロの穴が無数に空いているのです。


さらに、脱灰が進めば、
いつでも虫歯になるのが、この状態なのです。


でも、
このミクロの穴を埋めることができれば、
再び歯を強くすることが可能です。


これは、机上論でも想像でもありません。
実際に可能なことなのです。


じゃあ、どうすればいいのでしょう?


それは、口臭予防歯磨き粉「美息美人」で歯磨きをすることです。


えっ?

美息美人って、口臭予防の歯磨き粉では?


美息美人は、確かにそういう特徴があります。

でも、口臭予防歯磨き粉「美息美人」の成分は、
ホタテの貝殻100%で出来ています。

美息美人を作るために、ホタテ貝殻を焼成しミクロンの粉に
していますが、成分の98%以上がカルシウムとリンなどのミネラルで
構成されています。

このホタテ貝殻の粉を水に入れると、カルシウムイオンリンイオン
できます。いわゆるアパタイト成分です。

これが、美息美人のイオン水の正体です。


このイオン水を口に含み歯磨きを行うと、
口の中でなにが起きるでしょう?

そうです。
石灰化です。

美息美人のイオン水で歯磨きをする度に、
無数に空いたミクロの穴をふさいでしまうのです。


これが、誰でも簡単に歯を強くできる方法です。

だから、口臭予防歯磨き粉「美息美人」で歯磨きをすると、
歯がツルツルになると喜ばれるのですね。
 
お客様の声で確かめて下されば幸いです。


胡散臭いと思うのなら、実際にお試しください。
今なら、90日間返金保証がついていますので、ご安心して
試すことができます。

鼻炎が、口が苦い粘液や膿栓の原因になることもあります。
  
 
 
人気ブログランキングに参加しています。
クリックで応援いただければ励みになります。
  ↓ ↓
 
 

拍手[1回]

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

口臭予防歯磨き粉「美息美人」

美息美人の詳細ページ

プロフィール

HN:
上林登
年齢:
59
性別:
男性
誕生日:
1958/01/01
職業:
口臭予防歯磨き粉「美息美人」の開発と販売
趣味:
ブログを書くこと
自己紹介:


一言で申し上げると、「口臭患者のプロフェッショナル」です。

歯科医ではなく、口臭患者としてのプロです。その意味は…

続きはこちら


最新TB

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

最新コメント

[06/01 田村沙絵]

ボタン

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 口臭の悩みを解決する会 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /