口臭の悩みを解決する会

口臭原因は百人百様です。口臭を克服した体験談や誰も知らない口臭を治す方法が満載。あなたの口臭を治すヒントになれば。

2017/06    05« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »07
現在の歯科医療では日本国をつぶす
 
気にしないで聞いてください

しょうもない中年男のぼやきです。
 
聞いてやってください。
愚痴ですから、真剣に聞かないでください。聞きながしてください。
真剣に聞いて腹を立てないでくださいね。決してそんなつもりで書いていませんのでよろしくお願いします。
 
ショウもないと笑ってください。
面白い考え方をする奴がいるもんだと、笑ってください。
 
それでは、ぼやきを始めさせて頂きます。
 
日本の歯科医療のほとんどが、歯が痛くなってから治療に行く。
そして、歯医者さんがするのは、痛くないように治療する。
そのために虫歯を削る。
 
虫歯を削ったところには、インレーを詰めたり、
虫歯が大きい場合には、クラウンを被せます。
 
歯を抜いてしまった場合には、ブリッジを入れます。
これが問題です。
たとえ、隣の歯が虫歯で無くてもブリッジの支台にするために
大きく削らないといけません。
4033b911.jpg
 
虫歯でないのに、歯を削るんですよ。
 
これが、一般的な治療方法です。
保険では、この方法しかできないのです。


 
 
c9268b8c.jpeg

もし、隣の歯を削らないで抜歯した箇所を補うとすれば、
インプランを入れることになります。
 
もちろん、インプラントは保険外治療で、1本治療すると15~30万円かかります。
これは、インプラント代(手術込)が10~20万円、上部のセラミック歯が5~10万円が相場です。
 
歯医者さんにとっては、おいしい治療方法です。
ですから、最近はどこの歯科医院でも、「インプラント」のポスターを見ますし、勧められます。
 
でも、ご存知ですか?
インプラントは完全ではないということを。
 
施術する歯科医師の技量が低いのは、問題外ですが、
患者自身が糖尿病などの疾患がある場合や、骨が柔らかい場合もインプラントが抜けてしまいます。

インプラントが歯周病になる?
 
それどころか、インプラントを入れたあとの口腔ケアが悪いと、自然の歯と同じように歯周病になり、インプラントを抜くはめになります。
 
元々、十分に口腔ケアができないから、抜歯することになったのですから、インプラントを入れたからといって、丁寧に口腔ケアをするとは思えません。
 
でも、歯医者さんは、そんなことは一切説明せず、インプラントを勧めます。
当然ですよね。
下手に真実を言ってしまうと、良いお客が逃げてしまいますから。
 
もちろん、世の中には、こんな金儲け主義の歯医者さんばかりではありませんので、フォローさせて頂きます。患者さんのことを第一に考えた真面目な歯医者さんも多くおられます。
 
でも、悲しいかな。
 
こんな歯医者さんが多いということも現実です。
 
それは、この後、私が言うことを聞いてもらえば納得するはずです。
 
歯科に限らず日本の医療は、西洋医学が主流です。
今までの西洋医学というのは、病気になったから治療する。手術する。リハビリする。という方法です。
 
でも、良く考えれば、病気にならないようにする方が賢くないですか?
 
病気にならなければ、健康で仕事ができますし、心も明るく生活できます。(たまに、身体は健康でも心が病んでいる人もおられますが…)
 
逆に病気になれば、仕事を休むことが必要になり、心も憂鬱になります。
それどころか、医者代がかかり、生活出費が増します。
 
個人でもそうですから、医療費は国家全体では大きな出費を招きます。
それが、現在の赤字国家予算の最大原因である医療費問題です。
じつに、医療費は35兆円かかっているのです
これは、国家予算の3分の1というのですから驚きの額です。

国家が治療よりも予防に力を注ぎ、もし病気が減ったとしたら…。
 
たとえ、現状の医療費が3分の1減ったとしても、11兆円が浮いてくるのです。
 
1年間で10兆円ですよ。
10兆円あれば、いろんな政策ができるはずです。
1f303768.jpeg
 
毎年10兆円も使えば、
誰が首相になっても日本を明るく住みやすい良い国にできるはずです。
 
夢のような話ですが、やればできる話なのです。
 
やれば出来るけれど、誰もやろうとしない。

何故でしょう?
 
 
医療で儲けている人達がいるからです。
日本から病気がなくなれば困る人達です。
 
そんなあほな。
 
でも、周りを見渡せば、限りなく病気が存在するから利益をこうむっている人達がいます。
すべての医者や医療関係企業が悪いわけではありません。
現在、病気で困っている患者には、現状の医療や薬が必要です。それらが無くなれば患者が困るからです。
 
わたしが言いたいのは、当然、治療は大事だが、
それ以前に、もっと病気にならないための予防に力を注ぐべきではないのかと言いたいのです。
 
病気にならないための予防教育が進み、医師の生活や医院経営を補助するための国家的支援制度を充実させれば、結果的に、国民が病気にならなくてすみ、たとえ病気になり治療が必要になったとしても、医療保険で最高の治療ができることになります。
 
話を歯科医療に戻します。
 
かんたんに言うと、
「歯を抜くな!」です。
 
そして、虫歯や歯周病になっていない健康な人こそ、歯医者さんで口腔ケアをしてもらい指導してもらうことです。
なにより口腔ケアに力を入れている歯医者さんこそ、信用できる歯医者さんです。
 
先程も言いましたが、歯科医院が口腔ケアを専門にしていたら、儲からないので歯科医院経営は苦しくなります。それでも、口腔ケアに力を入れる歯医者さんは、りっぱなお医者さんです。
 
そのような歯医者さんは少ないでしょうが、探せばあるはずです。
 
もし、見つかれば、みんなで応援しましょう。

 鼻水が原因の口臭はこちら
 
 
人気ブログランキングにも参加しました。
クリックして応援ください。
人気ブログランキングへ 
 

拍手[0回]

口臭予防歯磨き粉「美息美人」

美息美人の詳細ページ

プロフィール

HN:
上林登
年齢:
59
性別:
男性
誕生日:
1958/01/01
職業:
口臭予防歯磨き粉「美息美人」の開発と販売
趣味:
ブログを書くこと
自己紹介:


一言で申し上げると、「口臭患者のプロフェッショナル」です。

歯科医ではなく、口臭患者としてのプロです。その意味は…

続きはこちら


最新TB

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

最新コメント

[06/01 田村沙絵]

ボタン

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 口臭の悩みを解決する会 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /